読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ボクの妻と結婚してください。」を観て

この映画は、幸せがどこにどのようにあるのかを再認識させてくれた。

 とってもとっても素敵な映画だ。

 

あらすじ

テレビ業界で働く敏腕放送作家が余命宣告を受け、愛する家族の未来のために妻の「最高の結婚相手」を探しだす……ある男の一風変わったエンディング・ノート。2012年刊行の原作『ボクの妻と結婚してください。』樋口卓治著(講談社文庫)は、斬新な設定、心温まる物語が支持され、世代を問わずまさに究極の恋愛バイブルとなりました。そして、今秋、最高の布陣を得て、『ボク妻』がスクリーンに登場します。
メガホンを取るのは『阪急電車 片道15分の奇跡』(11年)などを監督し、繊細な人間ドラマの描写が高く評価されている三宅喜重。主演は「ようやく自分のやるべき作品と役柄に出会うことが出来た」と語る日本映画界の至宝、織田裕二。『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(12年)の公開から4年。命を懸けて日本の治安を守り続けてきた男が、愛する妻と子の幸せを願い突き進む“強さ”、いつ尽きるとも分からない自分の命に翻弄される“弱さ”を併せ持つ主人公、三村修治を熱演します。修治の妻、三村彩子役には今最も輝く女優・吉田羊。余命僅かな修治の「思いつき」と真摯に向き合い、覚悟を決めて夫に寄り添うヒロインを務めます。さらに、修治の見初めた「結婚相手」伊東正蔵役を『神様のカルテ』シリーズ(11年、14年)での熱演も記憶に新しい原田泰造、そして、結婚相談所を経営する修治の良き理解者、知多かおり役を女優として常に第一線で活躍する高島礼子と、まさに実力派俳優陣が勢揃い。主題歌は自身も結婚を経験し、新たな音楽の領域に踏み込んだアーティスト、中島美嘉。切なくも、希望に満ちた名曲「Forget Me Not」を圧倒的な表現力で歌い上げます。

 

 以下感想

この映画を観て、怒る人もいると思う。

「こんな馬鹿はいない!」って。

自分が愛する妻に新しい旦那を自分で見つける。めちゃくちゃすぎる!

でも、夫でする主人公の三村修二はとんでもない素敵な馬鹿だから仕方ない、そう思えるような人だと思う。

相手の伊藤正蔵に「結婚の良いところ!ご飯が美味しくなる!」なんて修二はプレゼンしているけど、結婚って良いものじゃない思ってた正蔵が良いなと思えたのは、そう話す修二が本当に幸せそうだったからだと思う。

 

修二の話す結婚が素敵なのは世界で一番妻の彩子が大好きでずっと幸せでいてほしいと強く願っているからだ。

そして、そんな修二も家族に愛されてるとわかるからだ。

 

本当の幸せはずっと大好きだと言える人がいて、ずっとその人の幸せを願える事。

もしこのどれかが欠けてしまえば、悲しくなってしまう。

修二は死ぬまで幸せだった。自分がいなくなる悲しさを自分の楽しみに変えて、自分がいなくなってもずっと妻が大好きで幸せであることを願い続けることができたから。